プロミスでお金を借りる方法!最速の借り方紹介【即日融資OK】

\プロミスでお金借りるなら!/

トップページ

「今すぐプロミスで借りれる?」
「借り方がわからない!」
「審査通るかな?通る条件って?」

・・・初めてのキャッシングならば不安や疑問がたくさんありますよね?
当サイトではプロミスで今すぐお金を借りる方法をご紹介します!プロミスでの一番早い借り方と審査に通るためのポイントとは?

プロミスで一番早くお金借りるなら
スマホからプロミス申込するのがおすすめ!

プロミス3ステップ
最短借入の流れとは?

①まずスマホからWEB申し込み

24時間いつでも受付してもらえるインターネットにまず申し込みましょう。

②最短30分審査回答

プロミスなら審査時間も早い!最短30分で審査の回答が出ます。

審査完了後、契約可能額が決定されてメールや電話など指定していた連絡先にプロミスから連絡が来ますよ。

③最短10秒借り入れ!

WEB契約ももちろん可能!WEB契約内容を確認後、振込での融資が可能です。

WEB完結以外で即日希望なら、無人契約機でカードを受け取りATMからお金を引き出すだけでOKです。

※平日14時までに契約完了していれば最短10秒でお振込み可能

\最短即日融資OK/
今選ばれているプロミス

はじめてなら30日間利息0円!
限度額実質年率審査時間
500万円まで4.5%~17.8%最短30分
  • 30日間無利息!
  • カードレスでバレない!
  • PCスマホで24時間申込OK!

【はじめてなら30日無利息!】
お得に借りたい人に!プロミスが初めての方なら30日間利息0円で借り入れができますよ。

【郵送物なしカードレス!】
郵送物なしだから利用明細書が家に届いて家族に見られてバレた・・・という失敗がありません!WEBで申込して口座振替による返済を選択すればOKです。

【スマホ申込で超早い!】
スマホやパソコンなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。WEBなら最短1時間融資も可能なのが嬉しいですね。

プロミスでお金借りるまとめ

いかがでしたか?プロミスでお金を借りる方法についてご紹介してまいりました。

「できれば急ぎで借りたい!」
「でも誰にもバレたくない!」

という気持ち、やっぱりありますよね?
プロミスは業者としての信頼性はもちろん、迅速な融資対応とコンビニなど提携ATMの利用が出来る点、来店不要など便利で使いやすい点のが最大の魅力。

スマホからのWEB申込が審査時間も早くバレにくいので一番おすすめですよ。

プロミスQ&A

「審査甘い?落ちないか不安・・」
「自動契約機使い方わからない!」
「絶対誰にもバレたくない!!」

・・・キャッシングが初めての方は不安や疑問がたくさんあるのではないでしょうか?こちらではプロミスで借りる前によくある質問と答えをご紹介しております。不安を取り除いてから申し込みしましょう!

Q.プロミスの審査時間はどのくらいですか?

A.最短30分です。

プロミスでの審査時間は最短30分で審査回答をしています。ただ、申し込みした時間や審査の内容によって審査時間は異なります。

Q.自動契約機で何ができますか?また契約機での申込にかかる時間はどのくらいですか?

A.申込から契約・カード発行まで全てできます。

プロミス自動契約機では画面案内に従って契約や契約内容の変更、カード発行などの手続きができます。中から施錠もできるので安心ですしやり方がわからないときは備え付けの電話で案内してもらう事も可能です。また、自動契約機での融資時間ですが、約30~40分程度で完了する事が多いようです。事前にネット申し込みしておくと時間が短縮できるのでおすすめですよ。

Q.プロミスで借りるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です。

プロミスで借りるための必要書類ですが、本人確認書類(運転免許証など)と必要ならば収入証明書(給料明細書など)をご用意ください。(※免許を持っていない方は「個人番号カード(個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して ご提出いただきますようお願いいたします。)」や「健康保険証+1点(例:住民票)」等)ただし、50万円以上超える場合又は、他社を含めた借入総額が100万を超えた場合は収入証明書が必要となります。

Q.プロミスの審査厳しいですか。どんな人が落ちるのでしょうか?

A.審査に落ちるのは無職や収入がない方です。

プロミスの審査に落ちた人の特徴ですが、まず「無職」や「専業主婦」の方は安定した収入がありませんので審査に通らないでしょう。その他、過去に金融事故を起こしていたり他社借入の金額があまりにも多い人は審査に落ちる可能性が高いといえます。

プロミスの基礎知識コラム

モビットのキャッシングは、24時間いつでもネットからの申込みが可能で、10ほどで審査の結果もわかります。
大手企業である三井住友銀行のグループであるという信頼感も今、人気を集めている理由といえるでしょう。ATMも全国に10万台以上もあるので、お近くのコンビニを利用すれば手軽にキャッシング出来るのですね。

その他プロミスレディースといって女性も安心してキャッシングできるサービスもあります。またネット上で全ての手続きができる「WEB完結」を選択すれば、必要書類をわざわざ郵送する手間もなく、キャッシングを利用出来ます。

キャッシングの審査が不安だという人は業者の公式サイトには大体ある簡易審査を活用すべきですね。また、プロミスにはアプリローンという新しいサービスもあります。
それは匿名でいくつかの項目に答えるだけで融資が可能かどうか直ちに審査してくれる便利な機能なのです。
ですが、これを通ったとしても本審査においても必ず通過できる保障はありません。
よくあるプロミスのキャッシングの疑問に、何歳から利用が可能なのかという問題があります。

いまキャッシングを使っていても知らない人もいるかもしれません。実際のところ、20歳以上と決められていますから、成人していない場合はお金を借りることができません。



ほかにも、クレジットカードにキャッシング枠を設けて現金を借りる方法も、未成年者には利用できないでしょう。


クレジットカードは18歳から申し込みができます。しかし、プロミスのキャッシング機能は20歳以上の方のみが付けることができるようになっています。キャッシングにつきものの審査。
何を審査されるんだろう?っと心配になりますが、でも、仕組みはどんどん改善されていて、あっというまにできてしまうので、逆に驚きました。



少額のキャッシングなんて、審査に1時間かかることなんてないですし、私の場合、ネット銀行を振込先に指定したら40分後にPCの前ですべて完結しました。

それって、既に常識なのではないでしょうか。



広告で見たことがあるかもしれませんが、収入証明不要の店も多く、スマホアプリだけで申し込み完結してしまうので、一度やってみると、これほど簡単なものはありません。


破産歴や事故歴などが信用情報機関に登録されてしまっている、通称「ブラック」になっても、お金を貸してくれるキャッシング業者は多くあります。

ですが、その大半が悪徳業者ですから、迂闊に申し込まないよう、きちんと情報を集めておきましょう。


一般的に、審査基準が甘くブラックでも借りられるキャッシングは利率がとても高くなりますから、普通のキャッシングよりも金利が低い場合は、気を付けなくてはいけません。闇金や詐欺で、莫大な負債を負う可能性があります。そのほかにも、返済条件についても注意しておきましょう。返済方法次第では、返済手数料が高くついてしまうケースもあります。


時々、思いもかけない臨時収入があって、返済資金に余裕が出る時があります。
プロミスのキャッシングの返済は予定の返済日のほかに返しても良いのです。このような返済方法を繰り上げ返済といい、日割り計算なので、借入期間を短くすればするほど、早く元金を減らせますから、その後の返済の負担を減らすことができるでしょう。



返済金に余裕があるのなら、繰り上げ返済を行っておくと、完済までの総額が安くできます。強みが多いカードローンの借り換えにも、必ずしもメリットばかりとは限りません。

今よりも高い金利になってしまうことや、今よりも返済期間を延ばしてしまった場合です。

安い金利にする為に借り換えたのにも関わらず、返済期間を延ばしてしまえば、結局のところ、金利が増える場合があります。借り換えたいと思っているなら慎重に行ってください。



プロミスのキャッシングは誰にも知られないのがメリットですが、利用すると利用明細書が発行され、登録した自宅に郵送されてきます。

クレカなら便利だと思いますが、借金は知られたくないですよね。


最近の電話料金のように請求領収書もペーパーレスになればいいのにと思い、「ローン 明細 送付なし」などの言葉で検索したところ、裏ワザとかでなく、普通に「明細書送付なし」の金融機関が多いのには驚きました。

大手では金利はさほど変わらないことを知っていたので、新生銀行系のレイクにしました。

ここは180日間無利息というプランがあるんです。
ネットで申し込むと即日振込でしたし、心配だった明細書ですが、ウェブでチェックできるので自宅への送付は回避できます。ただ、自分の利用実績を把握するためにも、ウェブ明細はちゃんと見ておくべきですよ。



プロミスのキャッシングとカードローンはほとんど同じですが、ちょっとだけ違います。

どのような違いかというと返済方法が異なるのです。


キャッシングの場合はカードなどで現金を引き出したり、商品を買ってから、翌月一括返済というパターンになりますが、カードローンなら、分割で返済することになりますので、こちらですと金利がかかってしまいます。
呼び方はスマートでも、実際には借金なのがカードローンになります。

なるべく利用しないようにしたいですよね。



とはいえ、急な出費に備えて契約のみしておくという手もあります。必ずしも契約と同時に借入をする必要はありません。
キャッシング用のカードだけ手に入れておいて、急な出費に対してカードローンを利用するという上手い使い方もできますよ。

プロミスお役立ち情報

\プロミスすぐ借りれる/

今すぐお金借りるなら↓

583998.gif