プロミスでお金を借りる方法!最速の借り方紹介【即日融資OK】

\プロミスでお金借りるなら!/

トップページ

「今すぐプロミスで借りれる?」
「借り方がわからない!」
「審査通るかな?通る条件って?」

・・・初めてのキャッシングならば不安や疑問がたくさんありますよね?
当サイトではプロミスで今すぐお金を借りる方法をご紹介します!プロミスでの一番早い借り方と審査に通るためのポイントとは?

プロミスで一番早くお金借りるなら
スマホからプロミス申込するのがおすすめ!

プロミス3ステップ
最短借入の流れとは?

①まずスマホからWEB申し込み

24時間いつでも受付してもらえるインターネットにまず申し込みましょう。

②最短30分審査回答

プロミスなら審査時間も早い!最短30分で審査の回答が出ます。

審査完了後、契約可能額が決定されてメールや電話など指定していた連絡先にプロミスから連絡が来ますよ。

③最短10秒借り入れ!

WEB契約ももちろん可能!WEB契約内容を確認後、振込での融資が可能です。

WEB完結以外で即日希望なら、無人契約機でカードを受け取りATMからお金を引き出すだけでOKです。

※平日14時までに契約完了していれば最短10秒でお振込み可能

\最短即日融資OK/
今選ばれているプロミス

はじめてなら30日間利息0円!
限度額実質年率審査時間
500万円まで4.5%~17.8%最短30分
  • 30日間無利息!
  • カードレスでバレない!
  • PCスマホで24時間申込OK!

【はじめてなら30日無利息!】
お得に借りたい人に!プロミスが初めての方なら30日間利息0円で借り入れができますよ。

【郵送物なしカードレス!】
郵送物なしだから利用明細書が家に届いて家族に見られてバレた・・・という失敗がありません!WEBで申込して口座振替による返済を選択すればOKです。

【スマホ申込で超早い!】
スマホやパソコンなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。WEBなら最短1時間融資も可能なのが嬉しいですね。

プロミスでお金借りるまとめ

いかがでしたか?プロミスでお金を借りる方法についてご紹介してまいりました。

「できれば急ぎで借りたい!」
「でも誰にもバレたくない!」

という気持ち、やっぱりありますよね?
プロミスは業者としての信頼性はもちろん、迅速な融資対応とコンビニなど提携ATMの利用が出来る点、来店不要など便利で使いやすい点のが最大の魅力。

スマホからのWEB申込が審査時間も早くバレにくいので一番おすすめですよ。

プロミスQ&A

「審査甘い?落ちないか不安・・」
「自動契約機使い方わからない!」
「絶対誰にもバレたくない!!」

・・・キャッシングが初めての方は不安や疑問がたくさんあるのではないでしょうか?こちらではプロミスで借りる前によくある質問と答えをご紹介しております。不安を取り除いてから申し込みしましょう!

Q.プロミスの審査時間はどのくらいですか?

A.最短30分です。

プロミスでの審査時間は最短30分で審査回答をしています。ただ、申し込みした時間や審査の内容によって審査時間は異なります。

Q.自動契約機で何ができますか?また契約機での申込にかかる時間はどのくらいですか?

A.申込から契約・カード発行まで全てできます。

プロミス自動契約機では画面案内に従って契約や契約内容の変更、カード発行などの手続きができます。中から施錠もできるので安心ですしやり方がわからないときは備え付けの電話で案内してもらう事も可能です。また、自動契約機での融資時間ですが、約30~40分程度で完了する事が多いようです。事前にネット申し込みしておくと時間が短縮できるのでおすすめですよ。

Q.プロミスで借りるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です。

プロミスで借りるための必要書類ですが、本人確認書類(運転免許証など)と必要ならば収入証明書(給料明細書など)をご用意ください。(※免許を持っていない方は「個人番号カード(個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して ご提出いただきますようお願いいたします。)」や「健康保険証+1点(例:住民票)」等)ただし、50万円以上超える場合又は、他社を含めた借入総額が100万を超えた場合は収入証明書が必要となります。

Q.プロミスの審査厳しいですか。どんな人が落ちるのでしょうか?

A.審査に落ちるのは無職や収入がない方です。

プロミスの審査に落ちた人の特徴ですが、まず「無職」や「専業主婦」の方は安定した収入がありませんので審査に通らないでしょう。その他、過去に金融事故を起こしていたり他社借入の金額があまりにも多い人は審査に落ちる可能性が高いといえます。

プロミスの基礎知識コラム

生活保護の受給者が急にまとまったお金が必要になった時はどうすればよいのでしょうか。
生活保護は収入とはみなされない為、キャッシングの審査には通りません。ただ、現状として収入があると偽って申込している生活保護受給者も多いようです。しかし、嘘が分かってしまえば、今後一切の生活保護の受給ができなくなるでしょう。借入返済手続もATMや窓口から現金で直接行うなどして隠蔽工作しても、何かのキッカケで明るみになるケースは多いものですね。



プロミスは30日間利息0円サービスが人気のようですよ。

時々、審査なしや生活保護受給者も高額融資などと甘い宣伝文句を掲げている業者がありますが、違法な金融業者なので、使ったが最後、人生が狂ってしまうでしょう。キャッシングとローンはよく似ていますから混同して同じように使う人もいますが、本当は違います。
プロミスのキャッシングとローンの違いをお話します。キャッシングは自分が借りたお金を次の月の返済日に一括で返します。ローンは自分が借りた金額を分割で支払い、返していきます。給料日までのその場しのぎなどにプロミスのキャッシングをすることがしばしばあります。消費者金融でかなりの利息でローンを利用している場合には過払い金の請求というものをすれば払い過ぎたお金が戻る事を知っていらっしゃいますでしょうか?総量規制と称される法律が作られたおかげで、過払いのお金を請求して利子を取り戻せたという方が増加傾向にあるのです。当たり前のことですけど、アコムやプロミスのカードローンでは借りる金額や期間に対して金利が設定されています。



業者によって金利は異なりますが、融資額が大きい程、低い金利になっています。


この金利は一定ではなく、数万円程度の借入の時には、上限金利による契約がほとんどでしょう。

それに、この金利は1日ずつの日割りで算出していきます。プロミスのキャッシングにおける適合審査では、書類確認や、在籍確認、属性審査はもちろん、その人が本当に信頼できる人であるかをみる信用情報の確認もあります。



これらの情報をすべて確認した上で、申請者には借りたお金をしっかり返せる能力があるのかどうかの見るのです。
万が一、申請した内容に間違った内容があったり虚偽の内容が発覚した場合には、適合審査から外されてしまいます。

既に他社からの借入れがあったり、事故の情報がある方は、キャッシングの審査に通るのはまず難しいと言えるでしょう。

プロミスのキャッシングというのは、最近、審査基準が厳重になって、定期収入がない場合は借りることの出来ないというようなイメージがあります。無職や専業主婦の方のような場合にはお金を借りることは出来ません。

ただし、大手以外の中小業者なら、働けない生活保護を受給している世帯でもキャッシングの利用ができることがあります。
あまり知られていませんが、キャッシングの借り換えは利息分の負担が軽くなる可能性があります。僅かな金利の違いであっても、長期間返済することを考えると、今より低い金利の業者で一本化できるのなら、その後の返済がずっと楽になるでしょう。そもそも、キャッシングの金利というものは、借入総額が大きくなるほど低金利に修正されるものですね。プロミスは30日間利息0円サービスが人気のようですよ。一つの業者への借入は少なくても、いくつかの業者から借入をしているのなら、それらをまとめて高額の借入にすると、もっと利息を安く済ませられるかもしれませんので、検討してみてください。

プロミスのキャッシングはまず自分の状況を把握してから現金が必要になってしまったという時などに頼りにすればとっても重宝するものだと考えられるのですが、見逃してはならないこととして念入りに予定を組まず思いついたままで無理せずに問題なく返せるだろうという額をオーバーして借り入れをしてしまうことによって結局お金が無くて返済が滞ってしまうことになったり複数の業者に借りて債務が膨らんでしまうケースもあるため注意を怠ることなく使用していきましょう。普通、お金を借りるのに全く何の心配もないという人は居ません。
お金を借りるということは返済の負担を考えると、とても勇気がいることです。

どれだけきっちりとお金の管理をしていても、事故や病気などのトラブルで急いである程度の金額を揃えなければならない事態に直面することはよくある話です。

そんな事態に陥った時こそ、プロミスのキャッシングが役に立ちます。
必要な時の準備として、余裕のある時に申し込みを済ませておくのも良いでしょう。
手続きや審査に慌てることなく融資を受けられるので、精神的な安心感が違うと思います。


「キャッシング」、すなわち貸金業者の利用というのは一般的には数万円から多くても数十万円程度の金額を融資してもらうことが出来るサービスです。


大体の場合、金融会社から借金をする際にはその代償として保証人や担保(物件や土地など)を用意します。しかしながら、通常のキャッシングを利用するという際には誰かに保証人になってもらったり、物件を担保にする時間や手間はかからないので安心してください。
本人による申し込みだという確認のとれる材料があれば、貸し付けをしてもらえますからとても便利なのです。


プロミスお役立ち情報

\プロミスすぐ借りれる/

今すぐお金借りるなら↓

583998.gif