プロミスでお金を借りる方法!最速の借り方紹介【即日融資OK】

\プロミスでお金借りるなら!/

トップページ > 徳島県

「プロミス審査通るかな?」
「誰にもバレたくない!」
「最速で借りる方法は?」

当サイトでは徳島県のプロミスやプロミス無人契約機で借りる一番早い方法と審査の流れを詳しくご紹介します。

プロミスで一番早くお金借りるなら
スマホからプロミス申込するのがおすすめ!

プロミス3ステップ
最短借入の流れとは?

①まずスマホからWEB申し込み

24時間いつでも受付してもらえるインターネットにまず申し込みましょう。

②最短30分審査回答

プロミスなら審査時間も早い!最短30分で審査の回答が出ます。

審査完了後、契約可能額が決定されてメールや電話など指定していた連絡先にプロミスから連絡が来ますよ。

③最短10秒借り入れ!

WEB契約ももちろん可能!WEB契約内容を確認後、振込での融資が可能です。

WEB完結以外で即日希望なら、無人契約機でカードを受け取りATMからお金を引き出すだけでOKです。

※平日14時までに契約完了していれば最短10秒でお振込み可能

\最短即日融資OK/
今選ばれているプロミス

はじめてなら30日間利息0円!
限度額実質年率審査時間
500万円まで4.5%~17.8%最短30分
  • 30日間無利息!
  • カードレスでバレない!
  • PCスマホで24時間申込OK!

【はじめてなら30日無利息!】
お得に借りたい人に!プロミスが初めての方なら30日間利息0円で借り入れができますよ。

【郵送物なしカードレス!】
郵送物なしだから利用明細書が家に届いて家族に見られてバレた・・・という失敗がありません!WEBで申込して口座振替による返済を選択すればOKです。

【スマホ申込で超早い!】
スマホやパソコンなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。WEBなら最短1時間融資も可能なのが嬉しいですね。

プロミスでお金借りるまとめ

いかがでしたか?プロミスでお金を借りる方法についてご紹介してまいりました。

「できれば急ぎで借りたい!」
「でも誰にもバレたくない!」

という気持ち、やっぱりありますよね?
プロミスは業者としての信頼性はもちろん、迅速な融資対応とコンビニなど提携ATMの利用が出来る点、来店不要など便利で使いやすい点のが最大の魅力。

スマホからのWEB申込が審査時間も早くバレにくいので一番おすすめですよ。

徳島県の方向けプロミスQ&A

「審査甘い?落ちないか不安・・」
「自動契約機使い方わからない!」
「絶対誰にもバレたくない!!」

・・・キャッシングが初めての方は不安や疑問がたくさんあるのではないでしょうか?こちらではプロミスで借りる前によくある質問と答えをご紹介しております。不安を取り除いてから申し込みしましょう!

Q.プロミスの審査時間はどのくらいですか?

A.最短30分です。

プロミスでの審査時間は最短30分で審査回答をしています。ただ、申し込みした時間や審査の内容によって審査時間は異なります。

Q.自動契約機で何ができますか?また契約機での申込にかかる時間はどのくらいですか?

A.申込から契約・カード発行まで全てできます。

プロミス自動契約機では画面案内に従って契約や契約内容の変更、カード発行などの手続きができます。中から施錠もできるので安心ですしやり方がわからないときは備え付けの電話で案内してもらう事も可能です。また、自動契約機での融資時間ですが、約30~40分程度で完了する事が多いようです。事前にネット申し込みしておくと時間が短縮できるのでおすすめですよ。

Q.プロミスで借りるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です。

プロミスで借りるための必要書類ですが、本人確認書類(運転免許証など)と必要ならば収入証明書(給料明細書など)をご用意ください。(※免許を持っていない方は「個人番号カード(個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して ご提出いただきますようお願いいたします。)」や「健康保険証+1点(例:住民票)」等)ただし、50万円以上超える場合又は、他社を含めた借入総額が100万を超えた場合は収入証明書が必要となります。

Q.プロミスの審査厳しいですか。どんな人が落ちるのでしょうか?

A.審査に落ちるのは無職や収入がない方です。

プロミスの審査に落ちた人の特徴ですが、まず「無職」や「専業主婦」の方は安定した収入がありませんので審査に通らないでしょう。その他、過去に金融事故を起こしていたり他社借入の金額があまりにも多い人は審査に落ちる可能性が高いといえます。

プロミスの基礎知識コラム

キャッシングでお金を借りるための大まかな流れですが、何よりも先に申し込み手続きを済ませなければなりません。

その後に業者が審査します。
基本的に、審査では安定した収入が重視されますが、特に問題がなければ審査を通過することができるでしょう。そして、プロミスのキャッシングが利用可能になります。融資の受け取り方法を銀行振込にした場合、銀行の営業時間内であれば、すぐに指定した銀行口座にお金が振り込まれます。

もし、銀行が動いていない時間だったり直接現金で借りたいという場合は、街中にある自動契約機でカードを発行し、それを使えば隣接するATMから現金を引き出すことができるでしょう。プロミスのキャッシングを複数の会社で利用するにあたっては総量規制の対象になってしまうため、利用可能額がトータルでいくらになるかを確認し、キャッシングの申し込みを行うことが大事です。



こうした規制をプロミスなどの大手消費者金融会社が設けている目的は、利用者があまりに多くの金額を借りることを防ぐためで、その額は年収の額によって変わってきますから、今自分がどれだけ借りているかを確認の上、判断を行うことが必要になります。
最近のキャッシング利用者の返済動向を見ていると、支出が多い世代にフィットするリボ払いを選ぶ人が多いです。利息を上乗せすることを考慮しても、毎月の返済額がずっと変わらないわけですから、生活を圧迫することなく払い続けることができます。融資上限は決まっていますが、返済した分は復活するので、必要に応じてまた借りることも可能です。それでも変わるのは返済期間だけで、月々の支払額は変わらないので延滞が発生しにくく、融通性も高いという利点があるのです。
配偶者の収入により専業主婦である妻が銀行から借入をする際、契約が知られることなく済むやり方があります。
銀行選びの際に「配偶者の同意書の提出不要」ということを絶対条件にして選べばいいのです。法律で提出が義務付けられている訳ではないですが、提出を求められる銀行と提出が無くても利用できる銀行とに分けられます。カードローンの利用を知られずに行うには、後に述べた銀行で契約しましょう。

俗にいうキャッシングサービスとは、銀行などから普通に考えて大金ではないような額の借金を融通してもらうという場合に用いる借金の形態です。
その他の借金ですと、申し込みをするときには、身内に保証人になってもらったり、不動産を抵当に入れたりします。
けれど、貸金業者からプロミスのキャッシングをする時には自分の身代わりの目的で使用される保証人、そして担保などは必須ではないので手軽に使えます。ただ、自分自身だということが分かる本人確認書類一つで、凡その場合にはお金を貸してもらうことが出来るでしょう。学生の時と違って社会人になると、様々なしがらみで飲み会に参加したり、冠婚葬祭などで、急にお金が必要になることも少なくありません。
このような場合、家族や友人に借りようとする人もいますが、借金の申し出は言いにくいものですし、あまり良い印象は持たれないでしょう。

こういった場合には、プロミスのキャッシングの利用を検討してみてください。


キャッシングであれば、個人的にお金を工面できるので、安心感があります。返済の目途が立っているのなら、キャッシングサービスを利用するのが、一番良いと思います。
キャッシングの借り換え先の選定のときは、まず低金利であるかどうかを確認することが大拙です。銀行系のキャッシングは低金利なことが多いのですが、審査が厳しく、審査の結果が出るのも遅いのが難点です。他にも元々借り入れていた先のローンの方が低金利だった時、審査も厳しくなりますから、気をつけて借り換えましょう。

返済が難しくなると、返済の責任を逃れて借り逃げすることを目論む人もいますが、ハッキリ言って逃げ切れる可能性は相当低いですね。



また、web完結できるプロミスキャッシングも便利です。

キャッシングの時効は5年ですから、最後の借入返済から5年間、返済を放置し続ければ時効が成立し返済義務は無くなります。ですが、業者からの連絡が付かないよう、相当な手回しをして逃げる必要があります。しかも、業者側が裁判や差し押さえなどの手続きをとってしまうと、その時点で時効が中断され、場合によっては10年延長されることもあります。
こうしてみると、弁護士などに相談して可能な返済方法を見付ける方が、よほど現実的だということが分かります。
怪我や冠婚葬祭などの急な出費に見舞われた場合に、キャッシングは頼れる存在になるでしょう。いまどきは、プロミスのキャッシング業界で大手と呼ばれている会社は、即日融資可能なところが多いですし、申し込みから融資まで、最短で30分で済んでしまう業者もあります。ただ、金利や返済条件も忘れずに目を通してから申し込むようにしましょう。

早まった判断を下してしまい、想像以上に高い金利で借りる羽目になるかもしません。
その場のつなぎ資金だとしても、きちんと時間をかけて業者を選ぶことが大切です。容易に借りれていいのですが、少しでも支払いに遅れがあったら、一日単位で遅延した分の利息を払わねばならず、これを遅延損害金といいますが、最大年利20パーセントの延滞金を払わないといけないということです。さらに、支払いが滞っていた期間に対した金利も同時に生じるので、その期間が延びれば延びるほどに、多額の金銭を支払うことになってしまいます。
延滞せざるを得ないときは出来るだけ早く支払えるようにしましょう。

徳島県プロミスお役立ち情報

\プロミスすぐ借りれる/

徳島県で今すぐお金借りるなら↓

583998.gif