プロミスでお金を借りる方法!最速の借り方紹介【即日融資OK】

\プロミスでお金借りるなら!/

トップページ > 沖縄県

「プロミス審査通るかな?」
「誰にもバレたくない!」
「最速で借りる方法は?」

当サイトでは沖縄県のプロミスやプロミス無人契約機で借りる一番早い方法と審査の流れを詳しくご紹介します。

プロミスで一番早くお金借りるなら
スマホからプロミス申込するのがおすすめ!

プロミス3ステップ
最短借入の流れとは?

①まずスマホからWEB申し込み

24時間いつでも受付してもらえるインターネットにまず申し込みましょう。

②最短30分審査回答

プロミスなら審査時間も早い!最短30分で審査の回答が出ます。

審査完了後、契約可能額が決定されてメールや電話など指定していた連絡先にプロミスから連絡が来ますよ。

③最短10秒借り入れ!

WEB契約ももちろん可能!WEB契約内容を確認後、振込での融資が可能です。

※三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。

\最短即日融資OK/
今選ばれているプロミス

はじめてなら30日間利息0円!
限度額実質年率審査時間
500万円まで4.5%~17.8%最短30分
  • 30日間無利息!
  • カードレスでバレない!
  • PCスマホで24時間申込OK!

【はじめてなら30日無利息!】
お得に借りたい人に!プロミスが初めての方なら30日間利息0円で借り入れができますよ。

【郵送物なしカードレス!】
郵送物なしだから利用明細書が家に届いて家族に見られてバレた・・・という失敗がありません!WEBで申込して口座振替による返済を選択すればOKです。

【スマホ申込で超早い!】
スマホやパソコンなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。WEBなら最短1時間融資も可能なのが嬉しいですね。

プロミスでお金借りるまとめ

いかがでしたか?プロミスでお金を借りる方法についてご紹介してまいりました。

「できれば急ぎで借りたい!」
「でも誰にもバレたくない!」

という気持ち、やっぱりありますよね?
プロミスは業者としての信頼性はもちろん、迅速な融資対応とコンビニなど提携ATMの利用が出来る点、来店不要など便利で使いやすい点のが最大の魅力。

スマホからのWEB申込が審査時間も早くバレにくいので一番おすすめですよ。

沖縄県の方向けプロミスQ&A

「審査甘い?落ちないか不安・・」
「自動契約機使い方わからない!」
「絶対誰にもバレたくない!!」

・・・キャッシングが初めての方は不安や疑問がたくさんあるのではないでしょうか?こちらではプロミスで借りる前によくある質問と答えをご紹介しております。不安を取り除いてから申し込みしましょう!

Q.プロミスの審査時間はどのくらいですか?

A.最短30分です。

プロミスでの審査時間は最短30分で審査回答をしています。ただ、申し込みした時間や審査の内容によって審査時間は異なります。

Q.自動契約機で何ができますか?また契約機での申込にかかる時間はどのくらいですか?

A.申込から契約・カード発行まで全てできます。

プロミス自動契約機では画面案内に従って契約や契約内容の変更、カード発行などの手続きができます。中から施錠もできるので安心ですしやり方がわからないときは備え付けの電話で案内してもらう事も可能です。また、自動契約機での融資時間ですが、約30~40分程度で完了する事が多いようです。事前にネット申し込みしておくと時間が短縮できるのでおすすめですよ。

Q.プロミスで借りるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です。

プロミスで借りるための必要書類ですが、本人確認書類(運転免許証など)と必要ならば収入証明書(給料明細書など)をご用意ください。(※免許を持っていない方は「個人番号カード(個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して ご提出いただきますようお願いいたします。)」や「健康保険証+1点(例:住民票)」等)ただし、50万円以上超える場合又は、他社を含めた借入総額が100万を超えた場合は収入証明書が必要となります。

Q.プロミスの審査厳しいですか。どんな人が落ちるのでしょうか?

A.審査に落ちるのは無職や収入がない方です。

プロミスの審査に落ちた人の特徴ですが、まず「無職」や「専業主婦」の方は安定した収入がありませんので審査に通らないでしょう。その他、過去に金融事故を起こしていたり他社借入の金額があまりにも多い人は審査に落ちる可能性が高いといえます。

プロミスの基礎知識コラム

給料日はまだ先なのにピンチ、という時にはキャッシングという手がありますが、専業主婦にとっては関係がないこと、と思ってあきらめてしまう人も大勢いらっしゃるかもしれません。

実をいうと、定期収入のない専業主婦でも、融資を受けられるキャッシングも存在しています。専業主婦でも大丈夫なプロミスのキャッシング会社では、配偶者に一定の収入があるならば、審査をクリアしてキャッシングの利用が可能となります。



たとえ、急な怪我やトラブルなどに巻き込まれてしまったのだとしても、借入金の返済期日を忘れてしまい、返済を滞納してしまうのは絶対にやってはいけません。
返済を放置すると10年近くは事故情報が残りますので、今度、数年間は全ての金融機関で、ローンやキャッシングの契約に障害になることがあるのです。
無担保で保証人なしでお金を貸してくれるサービスがキャッシングです。
つまり、約束通りの返済があることを信じてお金を貸すわけですね。プロミスはアルバイトやパートでも定期的な収入があれば審査に通る場合が多いです。お金の貸借は、互いの信頼が成立しなければ契約できません。

ですから、その信頼を損なうようなマネは絶対にやらないでください。

急にお金が必要になって、借りられるところを検索したら、一括審査というシステムを見つけました。
いままでアコムやプロミスのカードローンには漠然としたイメージしかなかったので、いくら自分で最適なアコムやプロミスのカードローンを選んでも、審査落ちしたら急いでほかの会社を探しては申し込むの繰り返しなのかと考えて、不安ばかりが募っていました。

利用者にとっても時短や手間解消のメリットはありますが、ローン会社にしてもそこに登録している以上、ある程度の客数を集めるつもりでしょうから、条件面などで多少がんばってくれそうな気がします。銀行系プロミスのキャッシングがノンバンク系キャッシングより優れている点は、利率が低いため、低金利で済むということでしょう。また、銀行系は総量規制の対象外になります。総量規制とは、融資の金額を年収の3分の1以下にしなければならない規制のことですから、比較的、借入限度額が高くなります。

申し込みの時間帯が早ければ、即日融資も可能なところが多く、銀行ゆえの安心感と信頼感は大きいです。

また、大手銀行であれば提携ATMが多いので、借入返済のしやすさも折り紙つきです。一方で、審査は厳しめのため、審査落ちしてしまい、融資を受けられない人も多いのですが、審査で問題がないようであれば、銀行系のキャッシングを利用することをおススメします。前に、30万ほどをキャッシングで借入したいと申込んでみたのですが、審査に落ちてしまいました。ということは恐らく、まだ社会人になりたてということもあり、信用されてなかったと思うので、それが原因だったんだろうなと思います。しょうがないので、10万まで引き下げることにし、それならオーケーと言われ無事、審査を通過しました。まだわからないかもしれませんが、これから先、必要な時にはキャッシングでお金を借りる可能性がある、という方は、生活圏に対応するATMが設置されているかを一つの判断材料にしてどこから融資を受けるのか考えてみましょう。



反対に、簡単には利用できないようにするために、借り入れのために遠回りしなければならないような、そんな場所にATMのある業者のサービスをあえて受けるのも良い案ではありますが、返済もしにくくなることは忘れないでください。借り入れ後の計画を立て、どちらがご自分にとってより便利に使えるかを考えてみましょう。
ときどき、インターネットや雑誌の中でクレジットカードを現金化して、現金を手に入れる方法が載っていることがありますが、キャッシングサービスと同じだと思い込んでいる人も少なくないようです。簡単に説明すると、金融機関からお金を借りることをキャッシングといい、クレジットカードを使った現金化については、そのカードで換金性の高い商品を買い、それを専用の業者に売ることを指します。カード会社はこうしたクレジットカードの現金化に罰則を設けています。



クレジットカードで買った商品は返済が完了するまで、カード会社の所有物となるからです。発覚すると利用停止のリスクがありますし、現金化で得られたお金とクレジットカードの返済額を考えると、結果的に損したのと変わりませんから、やめておいた方が賢明です。キャッシングとローンとは酷似していて混同されて使ってしまう人もいますが、事実は違います。キャッシングとローンの異なる点を説明します。


キャッシングはその時借りたお金を次の月の返済日に一括で返します。


ローンは借入金を分けて返していきます。給料日までのその場しのぎなどにキャッシングを利用する場合がよくあります。

上手く使えば非常に便利なのがキャッシングですが、ひとたび返済を滞らせると裁判所の差し押さえを受けることもあるので注意が必要ですね。


プロミスはアルバイトやパートでも定期的な収入があれば審査に通る場合が多いです。この場合、預金口座や給料が主な差し押さえ対象になりますが、給料を差し押さえられる場合、最大で4分の1までが対象となってしまいます。
あなたが年金生活者の場合、問題はさらに深刻で、年金の受取り口座を差し押さえられてしまったら、年金の全額を差し押さえで持って行かれるということにもなるのです。
そんなことになって慌てないためにも、無理なプロミスのキャッシングを行わないように気を付けましょう。お金を借りる方法は数多くありますが、信販会社などのアコムやプロミスのカードローンを利用してお金を用意する場合、クレジットカードと同様、使える金額の上限は既に決められているので、仕事を持っている人には、総収入の3分の1までで抑えなければならない、法律で、上がり過ぎた借り入れの限度額を抑制するためです。


総量というからにはそれは1件1件のカードごとの決まりということはあり得ず、すべてのカードの、会社を超えた合算が必要で、契約中あるいは検討中まで含めた借入金が丸ごと決まってくるので例外はありません。実際の話、法改正後全てのカードの利用可能額が減ったことで、混乱も見られたようです。

簡単に説明すると、カードローン契約の件数は規定がないものの、金額で50万円分が返済中の場合、年収といっても会社員のように一目瞭然の人ばかりとは限らないので、判る範囲で考えることになりますが、その3分の1引く借入額の公式さえ頭に入っていれば、すぐにわかります。



年収さえ計算できれば、借りられる金額も常に明らかで、金銭感覚の欠如した人にも分かりやすいのではないでしょうか。



沖縄県プロミスお役立ち情報

\プロミスすぐ借りれる/

沖縄県で今すぐお金借りるなら↓

583998.gif