プロミスでお金を借りる方法!最速の借り方紹介【即日融資OK】

\プロミスでお金借りるなら!/

トップページ

「今すぐプロミスで借りれる?」
「借り方がわからない!」
「審査通るかな?通る条件って?」

・・・初めてのキャッシングならば不安や疑問がたくさんありますよね?
当サイトではプロミスで今すぐお金を借りる方法をご紹介します!プロミスでの一番早い借り方と審査に通るためのポイントとは?

プロミスで一番早くお金借りるなら
スマホからプロミス申込するのがおすすめ!

プロミス3ステップ
最短借入の流れとは?

①まずスマホからWEB申し込み

24時間いつでも受付してもらえるインターネットにまず申し込みましょう。

②最短30分審査回答

プロミスなら審査時間も早い!最短30分で審査の回答が出ます。

審査完了後、契約可能額が決定されてメールや電話など指定していた連絡先にプロミスから連絡が来ますよ。

③最短10秒借り入れ!

WEB契約ももちろん可能!WEB契約内容を確認後、振込での融資が可能です。

WEB完結以外で即日希望なら、無人契約機でカードを受け取りATMからお金を引き出すだけでOKです。

\最短即日融資OK/
今選ばれているプロミス

はじめてなら30日間利息0円!
限度額金利審査時間
500万円まで4.5%~17.8%最短30分
  • 30日間無利息!
  • カードレスでバレない!
  • PCスマホで24時間申込OK!

【はじめてなら30日無利息!】
お得に借りたい人に!プロミスが初めての方なら30日間利息0円で借り入れができますよ。

【郵送物なしカードレス!】
郵送物なしだから利用明細書が家に届いて家族に見られてバレた・・・という失敗がありません!WEBで申込して口座振替による返済を選択すればOKです。

【スマホ申込で超早い!】
スマホやパソコンなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。WEBなら最短1時間融資も可能なのが嬉しいですね。

プロミスでお金借りるまとめ

いかがでしたか?プロミスでお金を借りる方法についてご紹介してまいりました。

「できれば急ぎで借りたい!」
「でも誰にもバレたくない!」

という気持ち、やっぱりありますよね?
プロミスは業者としての信頼性はもちろん、迅速な融資対応とコンビニなど提携ATMの利用が出来る点、来店不要など便利で使いやすい点のが最大の魅力。

スマホからのWEB申込が審査時間も早くバレにくいので一番おすすめですよ。

プロミスQ&A

「審査甘い?落ちないか不安・・」
「自動契約機使い方わからない!」
「絶対誰にもバレたくない!!」

・・・キャッシングが初めての方は不安や疑問がたくさんあるのではないでしょうか?こちらではプロミスで借りる前によくある質問と答えをご紹介しております。不安を取り除いてから申し込みしましょう!

Q.プロミスの審査時間はどのくらいですか?

A.最短30分です。

プロミスでの審査時間は最短30分で審査回答をしています。ただ、申し込みした時間や審査の内容によって審査時間は異なります。

Q.自動契約機で何ができますか?また契約機での申込にかかる時間はどのくらいですか?

A.申込から契約・カード発行まで全てできます。

プロミス自動契約機では画面案内に従って契約や契約内容の変更、カード発行などの手続きができます。中から施錠もできるので安心ですしやり方がわからないときは備え付けの電話で案内してもらう事も可能です。また、自動契約機での融資時間ですが、約30~40分程度で完了する事が多いようです。事前にネット申し込みしておくと時間が短縮できるのでおすすめですよ。

Q.プロミスで借りるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です。

プロミスで借りるための必要書類ですが、本人確認書類(運転免許証など)と必要ならば収入証明書(給料明細書など)をご用意ください。(※免許を持っていない方は「個人番号カード(個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して ご提出いただきますようお願いいたします。)」や「健康保険証+1点(例:住民票)」等)ただし、50万円以上超える場合又は、他社を含めた借入総額が100万を超えた場合は収入証明書が必要となります。

Q.プロミスの審査厳しいですか。どんな人が落ちるのでしょうか?

A.審査に落ちるのは無職や収入がない方です。

プロミスの審査に落ちた人の特徴ですが、まず「無職」や「専業主婦」の方は安定した収入がありませんので審査に通らないでしょう。その他、過去に金融事故を起こしていたり他社借入の金額があまりにも多い人は審査に落ちる可能性が高いといえます。

プロミスの基礎知識コラム

プロミスのキャッシングとカードローンは同じようにATMで借りることが可能なので異なる部分が見つけにくいですが、返済方法に違いが存在します。

一括払いがキャッシングの基本で、カードローンは分割払いがスタンダードになります。
ですが、ここの所キャッシングでも分割やリボ払いの方法を選べるところもありますので、きちんとした境界線が徐々に失われてきています。どんなに急いでいたとしても、もし、カードローン利用を考えたときは、比べてみてから判断しましょう。

銀行か消費者金融がカードローンの申込先としては挙げられますが、金利が低いのは大概銀行の方です。
とはいえ、その一方、審査通過率は消費者金融に圧倒的に軍配が上がります。それに加え、消費者金融だと、問題がなければ、短時間で借り入れ可能なので、どちらも良い点、悪い点があると言えます。いくつかの会社からキャッシングをして、一つに絞りたいときというのは当然出てくると思います。そのような時はおまとめローンを利用してみてください。そんなローンを賢く利用することによって、複数の借金を一まとめにすることができるということになります。返済を容易にできるようになるとてもオススメの方法です。

一度に返済できるくらいの少額キャッシングなら、利息がかからないで済む期間があるような業者を選択するのが賢い人のやり方と言えるでしょう。利息不要な期間のうちに全額一度に返済できれば一円でも利息がかかることはありませんから、利用者にしてみればたいへんお得なのです。

まとめての返済を希望していないような時でも無利息OKの期間があるような金融業者の方がお得な条件で借り入れが可能である場合も多いそうなので、それぞれじっくり比較検討してみると良いでしょう。本人とは異なる名義でアコムやプロミスのカードローンの契約を結ぶことは禁じられています。


契約は自分自身の名義で締結しなくてはならないとされています。これは仮に夫の稼ぎをあてに無収入の妻が契約を行う場合でにも当てはまり、妻自身の名義で契約を行うことになります。従って名義人である妻自身が責任をもって支払いをすることになります。仮に生計を一にする家族である場合にも、本人とは異なる名義で契約を結んだ場合には罪に問われることになります。もし、承諾していた場合には、「名義貸し」の行為自体も法に触れる行為です。現在、無職だとキャッシングによる借り入れは難しいといわれていますが、言われているほど難しいことではありません。

オークションとかアフィリエイトで現金収入がある人は職業は「自営業」ですし、その間の経歴を「フリーター」と書けば無職と書くこともありません。

しかし、今までのプロミスのキャッシング件数が多かったり、全ての借り入れを合わせた金額が多すぎる人、電話などで在宅確認が得られなかった場合は、新たに借り入れすることは難しいため、申し込みする前に、新規キャッシングができるかどうかよく考えてください。キャッシングに詳しい人なら、なるだけ低金利のプロミスのキャッシングを使ってお金を借りたいと思うものです。あらかじめ複数のキャッシングサービスの情報を得て、どのサービスがお得に利用できるかチェックしてから申し込むはずです。



また、一部の金融機関では最初のキャッシングであれば最長で30日は金利ゼロのキャッシングもあるので、お得に利用しましょう。



早急な融資が必要な時は、気持ちも焦って判断を誤りがちです。



後から後悔しない為にも、しっかりとサービスを比較することが重要ですね。プロミスは30日間利息0円サービスが人気のようですよ。


消費者ローンでかなりの金利でローンを利用している場合には過払い金を請求すれば払い過ぎたお金が戻る事を知っていますでしょうか?総量規制という法律が作られたことによって、払い過ぎたお金を請求して利子を取り戻す人が増える傾向にあります。ネットバンキングは手数料も安く、ネット環境にいればすぐに手続ができるという手軽さがあって、多くの人が活用しています。また、ほとんどの業者がネットバンキングを開設しています。

こうしたネットサービスへの移行は、キャッシングにおいても同様です。ネットを利用したキャッシングは対応が早いので、当日中にお金を借りることもでき、大変便利です。キャッシングのカードが届くのを待つ必要もなく銀行口座にお金を振り込んでもらえますし、比較的、低金利なのも人気の理由のひとつです。とはいえ、審査自体はしっかりと受ける必要がありますから、条件によっては残念ながら審査落ちしてしまうこともあると知っておいてください。いますぐ、お金を工面しなければならない人からしてみると、即日融資可能なキャッシング業者はありがたいサービスだと言えるでしょう。


このところ、プロミスのキャッシング業界で大手と呼ばれている会社は、即日融資可能なところが多いですし、申し込みから融資まで、最短で30分で済んでしまう業者もあります。

しかし、スピードだけに注目するのではなく、返済方法や金利についても他社と比較しておきましょう。


安易な判断で申し込んで高い利息を払う可能性もあります。その場のつなぎ資金だとしても、きちんと時間をかけて業者を選ぶことが大切です。

プロミスお役立ち情報

\プロミスすぐ借りれる/

今すぐお金借りるなら↓

583998.gif